tak-kak

アクセスカウンタ

zoom RSS パリ 感傷旅行 センチメンタルジャーニー

<<   作成日時 : 2016/01/30 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
1月22日から27日まで、友人の仕事のお手伝いでパリへ行って来た。
昔住んでいたときと変わった点と変わらない点があった。
変わらないのはフランス2の朝の番組のキャスターが、相変わらず前歯の欠けたヴィリアムだったこと、クイズ番組MOTUSが続いていたこと、AMOUR, GLOIRE ET BEAUTEが終わらずに続いていたこと。テーマ曲が昔のままだった。ナギが音楽番組の司会を続けていたこと。だいぶ老けたが。そのあたりは、昔、ここで生活をしていたときのことを思い出させてくれた。
画像
一方、変わってしまったのは、勤務先の事務所の周囲。リュ・サントノレのお店はほぼ全部かわっていて、昔日の面影もなく、浦島太郎が玉手箱をあけたような感じ。カンボンとサントノレの角にあったローラアシュレーはなく、シャネル本店の対面にあって、よく昼食を取っていたルレ・カンボンもファッション関係の店になっていた。ノートルダム・ド・アソンプション通称ポーランド教会は昔のままだったけれど、モンタボール・ホテルも、良く行っていた寿司「太心(たいしん)」も、衣川もなくなっていた。ダニエル・カザノバ通りにあったアルバートというロシア料理の店も、どの店に入れ替わったのかわからないくらい、跡形もなかった。
BHVなんて、ホームセンターみたいな雑多な道具屋だったのが、コスメの店がきれいに輝く本物のデパートになってしまっていた。
時間の流れを痛切に感じた。あのときのパリは記憶の中以外に、もう永久になくなってしまったのだと思うと今でもなぜか、うるうるとした気分になってくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パリ 感傷旅行 センチメンタルジャーニー tak-kak/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる